法的な許可申請について

ドローンを飛行させる際、下記項目に該当する場合、航空局や各空港事務所の許可承認が必要になりますのでご確認ください。

  • 許可が必要な場所

  • 空港等の周辺

  • 地表・水面から150m以上の空域

  • 人口集中区域の上空

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

  • [1] アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
    [2] 飛行前確認を行うこと
    [3] 航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
    [4] 他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと
    [5] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
    [6] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
    [7] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
    [8] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
    [9] 爆発物など危険物を輸送しないこと
    [10] 無人航空機から物を投下しないこと

上記[5]~[10]のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

  • [ドローンレンタルネット]承認が必要となる飛行の方法

これらのルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が課せられることがあります。
※ただし、屋内や網等で四方・上部が囲まれた空間については、上記のルールは適用されません。

人口集中地区に該当するかどうかの判断は、下記サイトでも確認することができます。
http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

また、上記以外での別途、許可申請が必要な場合がございますので、確認が必要になります。

  • 土地の所有者(個人、団体、河川事務局等)への許可
  • 安全面上を配慮し、飛行周辺の方々や、各自治体・警察消防への許可、通達

当社でも、航空局へのドローン飛行許可申請を受け付けておりますので、ご相談ください。