DJI Mavic 2 Enterprise Zoom(マビック 2 エンタープライズ ズーム)基本フルセット

ドローンレンタル料金(往復送料・保険料 込み

Plan

Description

Price for month

text

text

text

1日プラン


23,400

税込

-------------

12

-------------

1日あたり
11,700

2日プラン


26,600

税込

-------------

23

-------------

1日あたり
8,866

3日プラン


29,800

税込

-------------

34

-------------

1日あたり
7,450

4日プラン


33,000

税込

-------------

45

-------------

1日あたり
6,600

5日プラン


36,200

税込

-------------

56

-------------

1日あたり
6,033

6日プラン


39,400

税込

-------------

67

-------------

1日あたり
5,628

7日プラン


42,600

税込

-------------

78

-------------

1日あたり
5,325

  • まずは「空き状況を確認する」から、ご希望日の機材の空き状況をお問い合わせください。

  • 貸出・返送時ともに 送料無料 です。(離島・遠方地の場合は別途送料を頂戴することがございます。)

  • レンタル希望日(利用開始日)の前日にお届けします。

  • 最短翌日のお届けが可能です。

  • 8日プラン以上の長期レンタルもご相談可能です。

  • 日本国内 のみご利用が可能です。
  • こちらのドローンは、法人様のみのご利用機種となります。(審査により個人の方の利用も可能です)
空き状況を確認する

必要な物は全て含まれています。フル充電でお送りしますので、到着後すぐに飛行ができます。
モバイル端末(タブレット)をご用意ください。お持ちでない場合はレンタルも可能です。

セットに含まれる内容

  1. ドローン本体
  2. 送信機
  3. インテリジェント・フライト・バッテリー 2本
  4. 充電器
  5. 電源ケーブル
  6. プロペラ(予備含め8本)
  7. RCケーブル 3種
  8. ジンバルプロテクター
  9. 通信ケーブル(USB3.0タイプ)
  10. USBアダプター
  11. RCケーブルスライダー
  12. コントロールスティック
  13. microSDカード(32GB)
  14. USBカードリーダー
  15. microUSBケーブル
  16. ハードキャリングケース
  17. スタートアップマニュアル
    ・飛行手引書
    ・クイックスタートガイド
    ・ユーザーマニュアル(英語版)
    ・免責事項と安全に関するガイドライン
    ・バッテリー安全ガイドライン

※ セット内容の破損・紛失には所定の代金を申し受ける場合がございます。

拡張ポートへの装着デバイス(スピーカー・ビーコン・スポットライト)は、基本セットに入っておりませんので、オプションにて追加してください。

機体本体

[ドローンレンタルネット]DJI Mavic 2 Enterprise

光学2倍ズームとデジタル3倍ズームをカメラに搭載した産業向けドローンです。

送信機

[ドローンレンタルネット]DJI Mavic 2 Enterprise(送信機)

スマートフォンを取り付けて操作します。駆動時間は、フル充電で約2時間です。

バッテリー 2本

[ドローンレンタルネットドローンレンタルネット]Mavic 2 インテリジェント フライトバッテリー

最大で約30分(無風時)の飛行が可能。自己発熱機能つき。※着陸時の残量30%が理想なので、実際の飛行は15~20分とお考えください。

プロペラ

[ドローンレンタルネット]Mavic 2 低ノイズプロペラ

低ノイズ設計のプロペラ(予備プロペラ含む合計8本)です。

充電器

[ドローンレンタルネット]Mavic 2 バッテリー充電器

マビックのバッテリーを約1時間30分、送信機を約2時間15分でフル充電します。バッテリーと送信機を同時に充電することができます。出力電力:60 W

RCケーブル

[ドローンレンタルネット]Mavic(マビック)送信機ケーブル

送信機とモバイルデバイスを接続するケーブルです。
Lightningコネクター/標準microUSBコネクター/USB Type-Cコネクター :各1本

Micro SDカード

microSDカード32GB

microSDカード(32GB)と、撮影後にデータをパソコンに取り込めるようUSBカードリーダもご用意しています。

ケーブル,アダプタ

通信ケーブルUSB 3.0 Type-C/USB変換アダプター

Mavic 2の内蔵ストレージ内の撮影データの転送に使用します。機体、送信機の充電にも使用できます。
通信ケーブルUSB 3.0 Type-C/USB変換アダプター :各1本

デジタル風速計

[レンタル]デジタル風速計

地上の風速を確認することにより、飛行前の安全確認に役立ちます。

ハードケース

[ドローンレンタルネット]DJI Mavic 2 Pro 基本フルセット

プロテクターケースに機体、付属アクセサリー類を収納してお届けします。

商品説明

遠距離からでもズーム機能を用いて近距離撮影が可能。
拡張ポートにより、ドローンに追加デバイスを装着できるため、様々な重要ミッションのニーズにも最高のパフォーマンスを発揮します。

■機体とデータを、確実に管理下に
パスワードを入力するだけで、デバイスとデバイスの持つすべての機能にアクセスできます。この直感的で分かりやすいデバイスへのログイン方法で、ドローンと内蔵データストレージへのセキュアなアクセスを確実にし、機密情報のリークを防止します。

■周辺空域を常に把握
DJI AirSenseで空中の危険を回避。周辺の有人航空機のリアルタイムな測位警報を瞬時に出し、飛行の安全性を向上させます。

■かつてない飛行安全性
進化したFlightAutonomyは、8つの高解像度ビジョンセンサーと2つの赤外線センサーが機体に搭載された先進の検知システムで、全方向障害物検知を実現しました。

■簡単検知、簡単回避
高度操縦支援システム(APAS)を使用すると、ドローンの動きにあわせて、すぐに障害物を検知。特に狭い場所での飛行など、周辺や上空に障害物がある場合の飛行が容易になります。

■ズームイン、ズームアウト
作業は近接で行いたいものです。しかし、同時に、危険性も高まります。Mavic 2 Enterpriseなら、光学2倍ズームとデジタル3倍ズームをカメラに搭載しているため、危険な現場から離れた状態でも、近接ミッションを実現できます。

■信頼性の高いデータ
iOSまたはAndroid端末と同様に、GPSタイムスタンプが映像が撮影された時刻とデータを記録するため、精度とタイミングが不可欠である業界水準のアプリケーションに活用できます。

【拡張ポートオプション】
■M2E スピーカー
緊急時の地上チームとのコミュニケーションには、拡声スピーカー。パイロットや作業中の隊員に効果的に指示を伝えます。

■M2E ビーコン
衝突防止ビーコン(白色閃光灯)を使えば、離れた場所で作業中の別のパイロットからも確認でき、夜間ミッションにさらなる安全性を確保できます。
※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。

■M2E スポットライト
デュアルスポットライトを使用すれば、暗い場所での遭難者に光を届け、簡単に誘導できます。

機体
離陸重量 905 g(アクセサリーなし)
サイズ(L×W×H) たたんだ状態: 214×91×84 mm
展開時:322×242×84 mm
対角線長 354 mm
最大飛行速度
(海抜に近接、無風)
72 km/h(Sモード、無風時)
50 km/h(Pモード、無風時)
最大飛行時間 31分 (25 km/hの一定速度で飛行時、無風時)
最大ホバリング時間 29分(無風)
動作環境温度 -10°C~40°C
内部ストレージ 24 GB
検知システム(全方向障害物検知)
高精度測定範囲 前方:0.5~20 m、後方:0.5~16 m、上方:0.1~8 m、下方:0.5~11 m、側面:0.5~10 m
動作環境 前方、後方、側面:地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
上方:拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知
下方:地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)、
拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知
送信機
動作周波数 2.400~2.483GHz
動作環境温度 0 ℃~40 ℃
充電時間 2時間15分
モバイル端末ホルダー 対応厚さ:6.5~8.5 mm、最大長:160 mm
USBポートタイプ Lightning、Micro USB (Type-B)、USB Type-C ™
カメラ
センサー 1/2.3インチCMOS、有効画素数:12MP
レンズ FOV:82.6°(24 mm)、47.8°(48 mm)
判換算:24-48 mm
絞り:F2.8(24 mm) -F3.8 (48 mm)
オートフォーカス :0.5 – ∞
ISO感度 動画:100~3200
写真:100~1600 (オート)、100~3200 (マニュアル)
静止画サイズ 4000 × 3000
動画解像度 4K:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
最大ビデオビットレート 100 Mbps
写真フォーマット JPEG、DNG (RAW)
動画フォーマット MP4 / MOV (MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265)
インテリジェント・フライトバッテリー
容量、電圧 3850 mAh、15.4 V
動作環境温度 -10℃ ~ 40℃
充電時間 90分
空き状況を確認する

追加オプション

ビーコン

衝突防止ビーコン(白色閃光灯)を使えば、離れた場所で作業中の別のパイロットからも確認でき、夜間ミッションにさらなる安全性を確保できます。
■最大ホバリング時間(無風)
ビーコンON時:約27分、ビーコンOFF時:約28分
■スペック
サイズ:68x40x27.8 mm
ポートタイプ:USB Micro-B
電源:平均 1.6W
操作可能範囲:5000 m
光強度:最小角度:55 cd、光強度:157 cd

※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。

料金:1日/1,000円,2日/1,300円,3日/1,600円,4日/1,900円,5日/2,200円,6日/2,500円,7日/2,800円

スポットライト

スポットライトを使用すれば、暗い場所での遭難者に光を届け、簡単に誘導できます。
■最大ホバリング時間(無風)
スポットライトON時:約22分、スポットライトOFF時:約26分
■スペック
サイズ:68x60x41 mm
ポートタイプ:USB Micro-B
動作範囲:30 m
電源:最大 26W
照度:FOV17°、最大:11ルクス @ 直線30m

料金:1日/1,400円,2日/1,700円,3日/2,000円,4日/2,300円,5日/2,600円,6日/2,900円,7日/3,200円

スピーカー

緊急時の地上チームとのコミュニケーションには、拡声スピーカー。パイロットや作業中の隊員に効果的に指示を伝えます。
■最大ホバリング時間(無風)
スピーカーON時:約25分、スピーカーOFF時:約26分
■スペック
サイズ:68x55x65 mm
ポートタイプ:USB Micro-B
電源:最大 10W
音圧レベル:100 db(距離1 m)
ビットレート:16 kbps

料金:1日/1,200円,2日/1,500円,3日/1,800円,4日/2,100円,5日/2,400円,6日/2,700円,7日/3,000円

追加バッテリー(複数個可)

予備バッテリーを準備しておくと安心して撮影に挑めます。
1本あたりのバッテリー最大飛行時間は、約31分です。(※無風でかつ25km/h一定速度で飛行時)
※Mavic 2(Pro/Zoom)用バッテリーは、Mavic 2 Enterpriseとの互換性があります。

Mavic 2(Pro/Zoom)互換バッテリー:1日/1,600円,2日/1,750円,3日/1,900円,4日/2,050円,5日/2,200円,6日/2,350円,7日/2,500円
Enterprise(自動自己発熱機能付き):1日/1,750円,2日/1,900円,3日/2,050円,4日/2,200円,5日/2,350円,6日/2,500円,7日/2,650円

バッテリー充電ハブ

最大4個のバッテリーを自動で充電できます。セット内付属の充電器(もしくはカーチャージャー)と合わせて使用します。
バッテリー充電ハブは、バッテリーを効率よく充電するため、残量の高いバッテリーから順番に充電します。
充電時間:各バッテリー約1.5時間(温度に依存)

料金:1日/400円,2日/450円,3日/500円,4日/550円,5日/600円,6日/650円,7日/700円

スマートフォン(iPhone)

ドローン操縦に必要なアプリをインストールしたスマートフォンiPhone8です。

料金:1日/1,800円,2日/2,000円,3日/2,200円,4日/2,400円,5日/2,600円,6日/2,800円,7日/3,000円

プロペラガード

回転するプロペラから、人や物を保護します。

料金:1日/800円,2日/900円,3日/1,000円,4日/1,100円,5日/1,200円,6日/1,300円,7日/1,400円

車用 充電器

最大出力は80Wで、車で移動中にバッテリーを充電できます。過熱保護機能と低電圧保護技術を搭載し、安全で信頼性の高い充電と運転を可能にします。

料金:1日/1,000円,2日/1,100円,3日/1,200円,4日/1,300円,5日/1,400円,6日/1,500円,7日/1,600円

追加microSDカード

4K 30fpsの撮影時、1分0.5GB程度の容量計算になります。※標準セットは、32GB 1枚です。

32GB:1日/500円,2日/600円,3日/700円,4日/800円,5日/900円,6日/1,000円,7日/1,100円
64GB:1日/900円,2日/1,000円,3日/1,100円,4日/1,200円,5日/1,300円,6日/1,400円,7日/1,500円

送信機モニターフード

スマートフォンや送信機の LCD 画面を直射日光から保護し、より視認性が高まります。

料金:1日/400円,2日/450円,3日/500円,4日/550円,5日/600円,6日/650円,7日/700円

ショルダーバッグ

ハードケースと差し替えてお届けします。マビック2 プロ x 1、送信機 x 1、バッテリー x 4、スマートフォン x 1、予備のプロペラ、NDフィルター、SDカード、その他のさまざまなアクセサリーを収納できます。
サイズ:16 × 15 × 22.5 cm

料金:1日/1,000円,2日/1,100円,3日/1,200円,4日/1,300円,5日/1,400円,6日/1,500円,7日/1,600円

ランディングパッド

持ち運びのできる折りたたみ式のランディングパッドです。粉塵が舞い上がりやすい場所での、機体やカメラの破損のトラブル防止になります。
※写真2タイプのうち、どちらか一方のお届けになります。

50cmもしくは55cmサイズ
料金:1日/200円,2日/300円,3日/400円,4日/500円,5日/600円,6日/700円,7日/800円

オプション(アクセサリー)はこちらから

その他オプションも、多数ご用意しております。

オプションのみのご利用も承っております。

※オプションのみのレンタルは、別途送料(1200円~)がかかります。

オプション(アクセサリー)はこちらから

ドローン保険について

当社のドローンレンタル機体は、【機体保険】および【賠償責任保険】に加入しております。

落下や衝突などの事故で、ドローン機体に修理が必要になった場合は、お客様に修理費用の一部をご負担いただき、残りは弊社にて負担いたします。また、万が一のアクシデントによって第三者の身体や財物にダメージを与えてしまった場合にも対応しております。

詳しくは「安心レンタル補償制度」よりご確認いただけます。

注意事項・補償対象外について

規約違反や、意図的な破損の場合は、補償の対象外となりますのでご注意下さい。
ドローン保険は危険な操作を奨励するものではございません。規約内の使用に限り、補償を適用する事が可能です。

  • 機体の紛失につきましては運転制御不能による行方不明・川や海への水没・盗難など理由の如何に関わらず別途機体購入代金をお支払いいただきます。
  • 機体本体以外およびオプション機材の全損・故障については、別途修理費もしくは、機材購入代金をお支払いいただきます。
  • 原則、日本国内のみの適用となりますが、海外で使用される際は、ご相談ください。
  • 当保険は弊社から貸し出した製品にのみ適用されるものです。お客様や第三者の資産、物品、身体の損失・損害に対しての補償ではございません。
空き状況を確認する

動画紹介

マビック2 エンタープライズ に関するよくあるご質問

機体

Mavic 2 Enterpriseは、Mavic 2のフライトプラットフォーム上に構築されています。Mavic 2 Enterpriseは産業用途のオールインワン ドローンソリューションです。
DJIのモジュラーアクセサリーを取り付けるための拡張ポートを備え、自己発熱型バッテリー、24GB 内蔵ストレージ、DJI AirSenseを搭載。DJI Pilot モバイルアプリに対応しています。

Mavic 2 Enterpriseは、治安の維持/点検業務/人命救助/消防対応/警察活動などの分野に特化した設計です。

いいえ。絶対にMavic 2 Enterpriseを雨天時に飛行させないでください。

左側/右側の障害物を検知できるのは、トライポッドモードのみです。PモードおよびSモードでの飛行時は、周囲に細心の注意を払ってください。

パスワード保護

パスワード保護は、ユーザーがデバイスの内蔵ストレージに保存したデータを保護するために使用します。

いいえ。パスワード保護機能は、デバイスの24GB内蔵ストレージのみ保護します。

1. 機体の電源を入れたとき、
2. 機体を送信機に接続した後、
3. パソコンを接続して内蔵ストレージデータにアクセスするときにパスワード入力が必要です。

GPSタイムスタンプ